上手にハモろう

仲間とカラオケに行くと、男性デュオの曲を見事にハモル2人がいます。

この2人のハモリを私たちは毎回楽しみにしています。

主旋律にコーラスを重ねて美しいハーモニーをつくるのがハモリですが、上手にできた本人たちにとっても、聴いている聴衆にとっても気持ちのよいものです。

カラオケでだれかとハモルためには、どうすればよいでしょうか。

まずは、個人練習からです。

自分のパートを完璧にマスターしましょう。

原曲を何度もよく聴き、実際に何度も歌ってみます。

これができて初めて相手との練習に進めます。

次に、一緒に練習する時のコツです。ハモっていると主旋律につられてしまいますよね。

特に低音でハモル時には、音の高い主旋律に引っ張られがちになります。

そうならないように、とにかく自分のパートに集中しましょう。

しっかり練習してきた成果が、つられないことにつながっているはずです。

正しい音程で歌うことだけがハモリではありません。

主旋律とコーラスのバランスが悪いと、たとえ音をはずしていなくてもきれいな響きにはならないからです。

主に聞こえるのは主旋律であり、コーラスはあくまでもサポートです。

声の大きさに注意しながら、呼吸を合わせましょう。

自分たちの歌を録音して、客観的に聞いてみると良いです。

もし、途中から音が分からなくなってしまったら、潔くハモルことをやめてしまいましょう。

主旋律をユニゾンで歌えば、ハモらなくても曲に奥行きが生まれます。

焦って音を探すよりずっときれいに聞こえるので、万が一の時のために覚えておいてください。

一人で歌うのも楽しいですが、だれかとハーモニーをつくるのもカラオケの醍醐味です。

気の合う人と密かに練習して、仲間の話題をさらってしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です